バンコクの日本人学習塾 Aglio-Olio(アリオリオ)

  • 1722
Specifications
エリア・周辺駅 BTS-トンロー~プロンポン
最寄り駅 BTS-トンロー
概要

バンコクの学習塾アリオリオの外観


学習塾Aglio-Olio(アリオリオ)


子供一人一人に合わせた指導で成長を応援。

卒業、入学、本帰国、転入…などなど、学校に通うお子さんを持つ親御さんにとっては人の入れ替わり、お子さんの入学準備などで忙しくなる時期がやってきました。

中には、今年は中学受験や高校受験の年になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?


今年は受験だし、対策しないといけないな…塾って効果的なの?とお悩みの方におすすめなのが、少人数制での指導と自習制度を設けている日本人向け学習塾アリオリオです。


a17

学習塾Aglio-Olio(アリオリオ)は少人数指導の先駆けとして、2005年~現在までバンコクにて運営。今まで授業を行ってきた生徒数は約2000人ほど。


学習塾アリオリオは、受験指導はもちろん、バンコクの日本人学校の授業に合わせた指導やインターナショナルスクール(以下インター)に通っているお子さんに必要な日本の勉強の指導にも対応可能な学習塾。


受験に関わらず、普段の学習の強化という面においてもおすすめしたい学習塾です。

今回は、そのアリオリオさんの教室にお邪魔してきましたので、先生方のお話も交えながら学習塾アリオリオの紹介をしていきたいと思います。





特徴①1対1~1対3の個別指導制


a02

センター長の平野先生

――(平野先生)1対1~1対3までの個別指導で、個人に合わせて指導するという方針で授業を行っています。


バンコクで日本人が通う学習塾といえば、1クラス最低でも5名はいて、8~10名という集団一斉授業がほとんど。

グループレッスンだと一人一人ちゃんと見てもらえるのか?と不安になってしまう方もいらっしゃるでしょうし、かといってマンツーマン授業や家庭教師だと出費がかさんでしまう…なんて悩みも。


アリオリオでは、最多でも3名までという少人数制の授業体制をとっています。先生が生徒一人一人の学習状況としっかり向き合って指導できる環境を実現させています。


a05

教室での授業でも、少人数制。先生が細かく見て回るので、集中力も切れない。





特徴②授業90分につき90分の自習時間を設けている

a03

広い自習スペース、学習図書館

――(平野先生)90分の授業に対して90分の自習時間を設けています。

基本的には、学習指導は、授業1コマ自習1コマで1セットと考えています。生徒が自習しているときにも私も含め塾講師がアドバイザーとして管理しています。

生徒に何を学習しているか、わからないところはないか。質問は?と声をかけています。時間のかかる質問のときは教室に呼んでそのまま半授業になることもありますね。



a07

アドバイス中の平野先生


アリオリオで特徴的な勉強システムといえばこれ。

1コマ授業を受けるごとに、その授業の復習や課題をするための自習時間が設けられています。
(授業を受けたその日のうちでも、別の日でもOKとのこと)

生徒は塾内の学習図書館のスペースで自習を行うのですが、授業を行っている教室の隣にあり、先生が時折様子を見にきて質問に答えることができる環境になっています。

一般的な自習スペースといえば、アドバイザーが回るわけではなく完全に生徒に任せきりの環境になりがち。これだと生徒が集中力を切らしてしまったり、見えないところでさぼったり、携帯をいじるといった事になりかねません。

このような環境を作り出さないように、アリオリオでは自習スペースである学習図書館をオープンスペースにしており、授業中の先生がいつでも自習の様子をうかがえるようになっていました。


バンコクの学習塾アリオリオ 自習に対してもサポート抜群

個人の学習内容に合わせて的確にアドバイス。授業中でもドアが全開

授業ではもちろん自習でも、学習した内容を記録シートにかき、写真を送信。保護者に学習記録の情報の共有をしているため、せっかく来たのに席に座るだけで何もせずに終わる、ということにはならない体制が整っています。





特徴③インターナショナルの生徒の対応も可能

a06

写真手前の男の子はインター校の生徒さん

今インターナショナルスクールに通っているのだけど、日本に行ってからの勉強が順調にいくかどうか」そういった不安を抱えて、アリオリオにいらっしゃる父兄さんも実際多いそうですが、、

――(平野先生)インターの勉強の中で、特に数学などは日本よりも遅れてしまうんです。生徒によっては小学校5年生や中学校1年生の重要な時期に日本の教育課程から抜けてインターに移ってしまうような子もいます。そのような子は突然本帰国になったりすると大変ですね。

ですから日本に戻ってからの勉強のための準備ということで、指導を行います。

学年的には今高校1年生なのにも関わらず、中学校1年生の数学の内容をやらないといけないという必要性もあるわけです。

そういった子に対してちゃんと必要なレベルまで戻って、個別に合わせて勉強をすることができる。学習図書館や自習時間を利用することで、簡単なことを自分で解決できる。1年分の内容を、生徒次第では、早ければ3か月で終わらせて、キャッチアップできる。

アリオリオではこういったことが可能です。

また、インター生の大学入試の準備も行っています。入試に必要な科目の指導と、英語の資格試験(英検,TOEFL,TOEIC,SAT)や学科試験SAT、IGCSEやIBの指導も行っています。


学習塾アリオリオでは、普段からインターの学校に通っている生徒に対して必要な日本語科目の指導を行うことも可能。

a08

国語・日本語をメインに教えている東樹先生。

――(東樹先生)当塾では、に国語と日本語の担当をしています。

日本語というのは、インター校に通われている生徒さんが日本語として勉強される内容のフォローですね。

たとえば、国際バカロレア(IB)という国際的に共通する試験があるんですけれども、その中の日本語という科目の準備、対策を行っています。

あとは、お父様やお母さまのどちらかが日本人の方で、こちらで育っていて、
学校では日本語を使わないという生徒さんに対して、日本語のブラッシュアップのお手伝いもさせてもらっています。





特徴④日本人学校生の指導だってもちろん可能。副教科まで!

もちろん、日本人学校に通う生徒に合わせた指導も可能です。

日本人学校の勉強レベルは、実は日本の一般的な学校よりも高い水準にあり、難しいんだとか。
そのレベルは「日本人学校で勉強して、しっかりできるようになっていれば日本のどこの地区に戻ってもある程度できる」と言われるほど。


ただしテストが難しく、そのぶん評価の基準も高くなるため、受験に必要な内申がなかなかとれずに悩んでいる生徒、保護者も多いそうです。

a10

あらゆる受験のサポートを経験

――(平野先生)しっかり勉強しているのに、内申や成績が取りにくい傾向があるんです。

テストの結果がそのまま成績になってしまうので、しっかり勉強をしていても内申が上がらない。そういった子たちの成績を上げるための対策もうちでは手厚く行っています。


また、塾で習う科目と言えば国語、数学、英語がメインで、テスト前に理科と社会という形がメジャーだと思いますが、日本人学校では家庭科、技術、保健体育などの副教科にも筆記テストが設けられているため、、アリオリオではこれらの科目の指導も行っています。

ちなみに平野先生は保健・体育の指導を担当。「スポーツルール系はだいぶ強くなりました(笑)」とのこと。





特徴⑤不登校になってしまった生徒への対応も可能

編集部が聞いていてすごいなと思ったところ。それは、事情があって途中で学校をやめてしまったという生徒さんと共に、次のステップを考えて行動に移しているという点です。


a11

――(平野先生)特別な例になるんですけれども、「学校をやめてしまったんだけど…」という親御さんが飛び込みでいらっしゃったことがありますね。




学校を途中でやめてしまったから、「それでは大検(高校卒業認定試験)を受けましょう」と。
そちらを受けた後に、大学受験の準備をさせて…何人かそういった授業を受けている生徒が来ていて、アリオリオで勉強しています。

そういう場合は、本人との相談次第なんですけれども、毎日昼から来て夕方の授業まで自習してもらう、とかそういう学習機会を提供しています。


大学受験を受けることが可能になる、高校卒業認定試験。バンコクでこの試験の対策ができるという塾はなかなかないでしょう。





特徴⑥子供の将来の選択肢を広げる活動を積極的に行っている

a13

インタビュー時に目に留まった、この落語会の案内。
塾で落語会?イベント開催?と、ちょっとのあいだ釘付けになりました。


―――(東樹先生)今の子供達を見ていると、言葉離れが進んでいるように感じるのですが、できるだけ言葉に触れてほしいという思いから、アリオリオでは落語会の方も毎年やらせてもらっています。

これは半分、私の趣味みたいなものでやらせてもらっているんですけれども(笑)

教室にいると、やはり生徒たちにいうのはどうしても「これをやってほしい」などといった指示になってしまいがちで。あとは「これやらないといけないよ」などの注意も…子供からしたらあまり聞きたくないことが多いんですね。



けれども、楽しい話を聞いたら言葉がスッと入ってくるのではないかと考えていて。

落語というのはお話なので、頭の中で想像したり、何か感じたりとか、豊かになるものはきっとあるだろうなと思って。

で、ちょうど落語家の林屋さんと知り合う機会があったので、その関係でアリオリオでの落語会を開催させてもらってます。



a14

編集部もチラシを一枚いただいてきました

――(東樹先生)落語会も、実際開催してみると子供たちは意外と聞き耳と立てているし、こんなに小さな会でも落語家さんが本格的にやってくださるので、そんな人の真剣な姿を子供に見せるっていうのもすごくいいだろうなと思っています。

落語以外にもいろんな人をお呼びしていて、たとえばダンスを教えてもらったりとか、あとはカードマジックをやってもらったりとか。

こういったワークショップにも力を入れていますね。


(編集部)このような活動を通して子供たちに知ってほしいことは?


――(東樹先生)世の中にはいろいろな職業や選択肢があることを知ってほしいです。


自分が子供の時って、先生っていう職業しか知らなかったんですよね。



a15

自分の親がしている仕事も、親がどこで仕事をしているのか知っていたけど親が働いている姿は見たことがなかった。子供のころに身近で働いてる大人って先生しかいなかったんですよね。


学校だったり塾だったり、病院だったり。

でも実際社会に出たら、いろんな仕事があるじゃないですか。



a16

もし勉強ということ自体があんまり好きじゃなくても、勉強だけじゃない仕事もあるじゃないですか。

そういう風に、「自分はあっちに行きたい」とか「こっちに行きたい」とか言えて、「選択肢はこれだけじゃない」ということを会を通して知ってほしいなと思っています。


【林家染雀さんの落語会 詳細情報】

アリオリオ特別企画
林家染雀 落語の教室

日時:4月6日(木/祝日)18:00開場 18:30開演 20:00終演予定
場所:アリオリオ・DEC(トンローsoi13 HomePlace 14階)
費用:高校生以下 100バーツ / 大人 300バーツ

※アリオリオ・DEC生は無料


通常だと参加費用がかかる落語会ですが、アリオリオと同階にある協力校DECの会員の場合無料になります。


※4月6日開催の林家染雀さんの落語会は終了致しました。落語会に興味がある方は、次回開催までお待ちください。





今までの経験について ~先生インタビュー~

a09

――(平野先生)定期テストの前に、みんな頑張って自習する姿を見るんですけれども。見るたびに、「ああ、みんな頑張ってるなぁ…」と、じわーっと感動しています(笑)

編集部:今までの指導、授業の中で、特に印象的だったエピソードなどはありますか?

平野先生:毎年、毎年本当にいろいろな生徒がいます。
アリオリオで入室チェックをした後に、授業をサボって湯の森温泉に行った生徒、ビルの中で鬼ごっこをして警備員さんに怒られた生徒、エレベーターの中の監視カメラにガムを貼り付けてレンズを壊した生徒、いろいろです。もちろんしっかりした生徒もいますけど・・・(笑)


そういった生徒も高校入試、大学入試が近づくと第一志望に合格するため徐々に本気を出してきます。
こちらも合格可能学校しか受けさせないといった進学指導はしませんから、お互いに本気です。


本人たちの実力と受験校合格までのレベルの差や受験までのタイムリミットを考えて指導をする。ぎりぎりの戦いになることが多いです。時にはほめて、時には駄目出しをして合格力をつけていきます。いつも大変です。


しかし、受験は目標であってゴールではないと考えています。
生徒たちの志望校は有名校であろうと普通の公立中学や高校でもいいと思っています。
生徒本人が本当に頑張れる目標であればいいのです。


たしかに、学歴は役に立つと思いますが、それより受験という試練を乗り越える過程で培った力は必ずもっと大切な生きる力になっています。
本当にアリオリオ生はたくましいです。そしてみな人を助けることを知っています。
これからもアリオリオ生や頑張る人たちをずっと応援していきたいと思っています。


a18

平野先生への感謝の気持ちが詰まった色紙(※個人情報は伏せさせていただきます。)





関係者の声 ~生徒・卒業生・関係者口コミ~

今回、先生方の協力の元、実際に塾に通われている塾生さん、または過去に通っていたことのある卒業生の方、そしてアリオリオの活動に関係されている関係者の方からの口コミを入手することができました。


①山道 魁人君 北里大学獣医学部 1回生

私はインターナショナル・スクールに通っていたこともあり、当時は日本語が苦手でした。勉強は好きだったものの、当初は日本語に対する不安でいっぱいでした。アリオリオは個別指導塾であり、且つインター生にも対応していることから、自身の不安を解消してくれると考え入塾しました。アリオリオの先生方の熱心な指導や、各生徒に特化した最も適した学習プランを立てて下さったおかげで、私は今日に至ると考えています。

アリオリオでは、授業はもちろん、自習をしていても、生徒が分からなかった問題や質問があった際には、先生がいつも伺い直ぐに対応してくれます。その結果、勉強が捗りとても助かりました。


授業内容は各生徒に適応していることから、生徒の学力に合ったペースで進めることが可能という点もとても魅力的でした。このような授業では、生徒自らの弱点を見つけ、先生方のやさしく、時には厳しいアドバイスを受けたうえで克服することができたと私は思います。授業内容や先生方の対応は生徒の自信向上に繋がると思います。

また、生徒の学力に応じた学習を進めてくれるので、進路相談や出願等に関する質問を受け止めてもらったり、アドバイスを下さるという点ではとても助かりました。実際に私は先生方に志望校に関する情報や問題集を提示した際、丁寧な助言や協力して頂き大変感謝しております。私はアリオリオに通塾して素敵な先生方に出会えてよかったと思います。


②酒井千佳さん 島根大学医学部 3回生

もう約10年前のことですが中学受験の時にお世話になりました。帰国枠だけでなく一般受験でも、第一志望は勿論、受験した学校全てに合格することができました。先日バンコクに行く機会があり久しぶりに訪ねてみましたが、移り変わりの激しいバンコクの中でも昔とほぼ変わらずにずっとあったことが嬉しかったです。


③池田瑞穂さん 国家試験受験中

Aglio-Olioの最大の魅力は【先生との距離の近さ】だと思います。

【少人数授業】なので分からない所があれば気軽に質問でき、学校や他の塾とは違い【自分のレベルとペースに合わせたスタイル】で教えてくれます。

学校の数学テストでは赤点ばかりとっていた私ですが、Aglio-Olioに通うようになってからは点数がグンッと上がり次のテストでは90点以上とれるようになっていました!

【努力は実る】ということが実感できました!
勉強を教えてくれた先生方には今でもとても感謝しています!


④藍原光恵さん 協力支援者

熱血先生、そんな言葉がピッタリな先生方アリオリオの授業はいつも活気に溢れている。勉強だけで無く日々の暮らし方、良き日本の文化を異国で暮らしている子供達に忘れて欲しくない。そんな先生方と出会って十数年が経ちました。

74歳の私が孫のような年頃の生徒達に出会えた事に感謝しています。そして一年の節々で行うイベントのお手伝いもさせて頂いています。


昨年末の恒例の年越しそばを食べる会、茹でるのも、もどかしい程の子供達の食欲、私自身もたくさんの活力を頂きました。

特攻隊から生還された加古川さんから貴重なお話を聞く機会もありました。生徒達の質問に答える加古川さん83歳に生徒達は引き込まれて、アッという間に時間が過ぎていきました。戦争を知らない生徒達もこの地で暮らして居るからこそ身近にお話が聞けたのでしょう。

これも例年通り関西落語の林家染雀師匠が来タイ、アリオリオの教室で昨年は生徒達と大喜利を楽しみましたが。今年は歌舞伎のお話と歌舞伎の落語、こんな贅沢な落語会がアリオリオの教室で聞けるなんて夢のようなお話です。


⑤片山あかりさん アリオリオ生

私は点数が悪いのがショックで塾に行かなくなった時期がありました。その時、編入受験を控えていた私はどうしたらいいのかわからなくなりました。そのときアリオリオの先生がずっと待っててくれました。私はこの塾の先生に出会えたおかげで受験に受かったと思います。


⑥田中さん アリオリオ卒業生のお母様

アリオリオでは、先生ひとりに対し生徒が3人なので、その子に合った指導をして下さいます。
その指導は、きめ細やかで丁寧です。
志望校が決まってからの対策のおかげで、娘はめでたく第一志望の高校に合格いたしました。

アリオリオの先生方には、本当に感謝しております。
ありがとうございました。


⑦都築 有里さん 社会人 日本IBM

私は小学5年生のころ中学受験の勉強を始め、まずは大手の塾に通ったのですが、みんなが小学4年生から勉強を始めている環境でとてもついていけず、わからない、伸びない期間がずっと続いていました。そんな中知り合いに紹介していただいた塾がAglio-olioでした。

理系科目は平野先生、文系科目は加藤先生というまだ2人しか先生がいない頃でした。

小学6年生になってからAglio-olioに移ったので、相当時間がない受験勉強だったと思うのですが、いつも個別で私のレベルに合った問題集を用意してくださり、宿題の管理もしてもらい、本当に何から何まで任せっきりだったのですが、大手の塾では楽しくもなく、全く伸びている感じがしなかった受験勉強がどんどん分かるようになり、楽しくなり、中学受験が終わってからも、基礎がしっかりあったおかげで数学の成績は中高でもずっと学年でもトップレベルをキープすることができました。

Aglio-olioに中学受験のとき通っていなかったら、全く違う人生だったと思います。
習ったところはできるようになるよう、何度も何度も反復して演習し、教えてもらい、自信をもらいました。あの基礎と自信のおかげで、「私もやればできる」と思えるようになり、中高でもイキイキと楽しく勉強することができました。

ただの個別指導ではなく、宿題管理・自習管理もしてくれる塾はなかなかないと思います。たくさんの時間と労力を割いていただいていたんだな…と今になってわかります。感謝しかないです!



⑧アリオリオ卒業生のご家族 梶野さん一家
元生徒の親 梶野さん
アリオリオは先生にすごく力があり、だめなことは徹底的にだめだと言われたところがすごいと思いました。
あと、自由な雰囲気の中で何人かの個別授業が成り立っていたところ、先生が親身になってくれるところだと思います。

梶野公平さん 医学部進学
一対数人の授業であり、授業自体は一対一とは大差がないが、ずっとじっと見られているというプレッシャーが生徒にかからない。

梶野磨理子さん 看護大学進学
アリオリオは、家族的な雰囲気があって、親身になってくれるし、怒られることもあったけど、それもすごくためになることでした。
アリオリオは、厳しいけど、勉強も丁寧に教えてくれるところで、愛のある家族のようなところでした。



⑨石井南帆さん ​卒業生 現高校3年生

アリオリオ の魅力は沢山あり、一言でまとめるのは難しすぎます。
それくらい、この塾に出逢えて本当に良かったです。

私は中2(G8)から週一で日本の数学を受講していました。
毎回熱血な指導を頂き、 苦手だった数学にも意欲的になれました。解答を導き出すまで見守ってくださり、間違っている時にはヒントを与えて下さいました。授業時間外でも理解するまで根気よく説明を下さりました。インターの独特な数学に関しても、助けて下さいました。

学ぶ意欲があれば、とことん付き合ってくださる先生方でした。授業終了後でも、納得するまで隣でサポートしてくださります。

アリオリオには、自習室を予約して勉強するという規則があります。内容復習のための小テストや追試を受け、間違ったところは授業時間に説明してもらえます。習熟度を確認できる環境と習慣が整っています。

私はインター生だったため、入塾当時は日本の数学力を落とさないようにするのが目的でした。万が一の本帰国も考慮に入れ、お世話になりました。実際、私は高2の夏、急遽本帰国することが決まりました。編入受験は必然。帰国決定から受験まで一か月もなく、急な出来事でした。そんな中ささえてくださったのがアリオリオの先生方です。 志望校をお伝えすると、数年分の過去問を用意してくださりました。国語、数学、英語の三教科に加え、小論文、面接。

緊急な対応だったにもかかわらず、丁寧にカリキュラムを組んでくださいました。授業は数学以外に国語と小論文。面接の練習もして下さいました。 素晴らしいサポートでした。インター生活が長かったので、国語は小論文や古文など基本的なことから丁寧に、数学は復習を兼ねて朝から夜まで受験対策をしてくださりました。休憩の時には心まで癒していただきました。 先生が自ら挑戦している数学の問題や、タイ生活、タイ語について、人生や本、教養のつまったお話など沢山の刺激を受けました。人生色々あっても前向きに頑張ろうと励ましを頂きました。先生の人として尊敬することが沢山あります。

おかげさまで、私は第一希望の高校に全教科約9割の得点で合格することができました。更に、数学はアリオリオで先取りできていたため、編入後も全く苦労せずに済みました。先生方にはお世話になり感謝しています。これからも恩師であるタイで出逢えたアリオリオの先生方と繋がっていたいと心から願います。困難を明るく乗り越える力も養っていただけたのではと思っている現在です。

この元生徒さんは英語でも口コミを書いてくれたそうです!

Agliolio was a place where I never hesitated to go; it was rather a place where you can call home.
They select a best matching textbook for each student, depending on the strengths and the weaknesses. It helps us to overcome the traumas against the subject. The students are to figure out the solutions by themselves. The teacher gives help if necessary for us to get on the right track.
For me, I took Japanese Math once a week starting from Grade 8. Questions I asked were answered in detail no matter if it was during class or not. Majority of the students are from Japanese school, but the teachers are also flexible teaching international school students like me.


Agliolio has a system for us to study out of class at a study hall. A quiz is prepared according to the pace a student learns. There are advisory assistants at the hall to answer questions. If not, the teacher him/herself will be at the hall. This helped me to review and be certain about the knowledge gained.


I learnt a lot as a person as well.
It was sudden when had to take the transferring entrance exam for a Japanese high school. I only had a month to prepare for the exam. In a rush, the teachers supported me with all their best. They prepared previous exam papers and added extra classes of Japanese and Essays to get ready. Since I was an international school student, “Kobun”(known as ancient Japanese writing) and Japanese essays were not a familiar topic for me. However, the teacher taught me the basics a step by step. During breaks, they tried to relax my feelings by telling me stories about their challenges in their life, the books they read and just by simply sharing the same moments. As a result of their huge support, I was able to get into the high school marking over 90 out of 100 as an average score (Japanese math, Japanese, English, Essay, Interview). After entering the high school, I was surprised with how well I did in math classes. Since the teacher in Agliolio paced me well, the context I learnt were ahead of the school curriculum. I appreciate the teachers from my heart.




塾での経験談を小説風に紹介!

なんと口コミの中に、アリオリオでの授業経験談を小説風に表現してくれた卒業生さんが。


癸 すずめさん(ペンネーム) 卒業生
IMG_5250


ここまで様々な生徒さんや親御さん、卒業生、関係者の方の声を見させていただきましたが、アリオリオが様々な人に好かれていることがわかります。

未だ入る塾を決めかねているというお子さんや、父兄の方。

アリオリオではお父様やお母さま向けの面談なども設けられていますし、記事を読んでおわかりになるとおり先生方はとても優しく丁寧な対応をされるからばかりです。一度詳しくお話を聞いてみるのもいいのではないでしょうか?





学習塾Aglio-Olio

a19

【住所】14/F, HomePlace Building, Soi13 Thonglor (Sukhumvit55)
【電話番号】02-712-7038
【FAX】02-712-7038
【Webサイト】
http://aglio-olio.club





イベント&プロモーション情報



【夏の講座】

Captur

8月 夏のIT特別講座

日時:土曜日と日曜日でともに16時10分からの90分のコース授業



コース1 ブロク・ホームページを作ろう!
コース2 ゲームの基礎をポケモンから学ぼう!


8月5日土曜日 16:10~17:40まで
8月6日日曜日 16:10~17:40まで
8月12日土曜日 16:10~17:40まで
8月13日日曜日 16:10~17:40まで
8月19日土曜日 16:10~17:40まで
8月20日日曜日 16:10~17:40まで
8月26日土曜日 16:10~17:40まで
8月27日日曜日 16:10~17:40まで



詳細はアリオリオHPまで!


【学習相談プロモーション】
アリオリオへの学習相談が無料!電話口にて「アムラタというメディアを見て電話した」という旨をお伝えください。担当の方が面談日をセッティングしてくれるので、先生との学習相談が無料でできちゃいます!バンコクでの学習・教育にお悩みの方はまずはお電話してみてください!




電話番号はこちら 02-712-7038

ウェブお問い合わせはこちら





  • Map View
  • Street View
  • Directions
  • Driving
  • Walking
  • Bicycling
  • Transit

おすすめ関連記事