【世界最大の釣り堀】Bungsamran Fishing Park

  • 1339
Specifications
エリア・周辺駅 -
最寄り駅 -
概要



世界最大の人気釣り堀 バンサムラン フィッシング パーク


世界中の釣り好きが集まる世界最大の釣り堀



画像:バンコクのおすすめ釣り堀Bungsamran01
画像出典:http://www.bungsamran.com


釣り好きに大人気、バンコクにある世界最大の釣り堀「Bungsamran Fishing Park/バンサムラン フィッシング パーク」のご紹介です!
1984年4月6日にオープンしたバンサムランフィッシングパーク。
世界最大と言われるその敷地の面積は50エーカー(約20万2350平方メートル)、東京ドーム4.3個分というとてつもない広さを誇っています。釣り堀池の深さは4.15メートルと深め。


釣れる魚の種類

画像:バンコクのおすすめ釣り堀Bungsamran02


画像:バンコクのおすすめ釣り堀Bungsamran03


画像:バンコクのおすすめ釣り堀Bungsamran04
画像出典:http://www.bungsamran.com

この釣り堀で釣れる魚の代表格は、メコンオオナマズ、パーカーホ、ピラルクの三大大型淡水魚。
「そんな巨大な魚なんてワサワサ生息してるわけないでしょ~」なんて思ってた筆者ですが…


画像:バンコクのおすすめ釣り堀Bungsamran05
画像出典:http://www.bungsamran.com

どの写真を見ても魚がド級に大きい…
世界の釣り好きがわくわくしながらここにやってくるのも頷けます。
なんでもこの釣り堀には100キロ級の魚が1万匹以上生息しているんだとか。
こんな大きな魚が東京ドーム4.3個分の広さの釣り堀に1万匹…完全に色がクリアな池だったら、ものすごい光景が広がりそうです。

上記で紹介した三台大型淡水魚のほかにも、たくさんの種類の魚が池に潜んでいますので是非現地に行って確かめてみてくださいね。

長時間過ごしたい方におすすめな貸しバンガロー

画像:バンコクのおすすめ釣り堀Bungsamran06
画像出典:http://www.bungsamran.com


のんびり過ごしながら釣りを楽しみたいという人におすすめなのが、宿泊も可能な貸しバンガロー。
宿泊しなくてもラウンドで借りたり、宿泊もできたりとそれぞれのニーズに合った利用が可能なので海外からのお客さんに人気です。
宿泊するメリットは、すぐそこに池を拝みながらくつろげるベランダ兼釣りスペースと、そこから眺めることが出来る夕暮れと朝焼けの美しい景色。
これはこの釣り堀に宿泊した人だけが楽しめる特権ですよね。


利用料金

画像:バンコクのおすすめ釣り堀Bungsamran08
画像出典http://karpervissen.blog.nl


・入場料 2,000バーツ /rod /round
・釣竿レンタル 600バーツ /rod /round (デポジット 1,000バーツ)
** 釣竿を紛失した場合は6,000バーツの罰金

・引き上げ用ラージネット(大網)レンタル60バーツ /round (デポジット 200バーツ)
・餌(通常) 600バーツ
**大型魚用の餌500バーツ(購入するとラージネットが無料で付きます)

・バンガロー利用費 600 – 4,000バーツ /round
・リゾート利用 A,B,C各種コース 2,000バーツ /Night
・ガイド料金 1,000バーツ /round (8時間分)



※round=一度の利用分
※相手はかなりの大物なので、経験者でも(初心者ならなおさら)ガイドを付けて釣りをすることをおすすめします。


Bungsamran Fishing Park

画像:バンコクのおすすめ釣り堀Bungsamran09

【営業時間】毎日
【釣り時間】9:00 – 21:00
【駐車場】有り
【電話番号】+66(0)2-734-9272 (24時間対応、英語orタイ語)
【E-mail】admin@bungsamran.com
【Facebook】 https://www.facebook.com/BungsamranFishing
【HP】bungsamran.com
【所在地】nawamin 42, バンコク 10240
バンコク市内から車で約1時間半。ラムカムヘン通りの途中にあるラムサリージャンクションから繋がっているNawamin(ナワミン)通りからSuwan Prasit(スワンプラシット)というソイに入り、直進して突き当たり。


釣り堀一覧へ戻る



  • Map View
  • Street View
  • Directions
  • Driving
  • Walking
  • Bicycling
  • Transit

おすすめ関連記事