エリー
administrator
  • Mobile: 087-829-3837
  • 店舗電話番号: 087-829-3837
  • Email: kenzo090905@gmail.com
  • Website: http://shingi-gym.com

心技道場 幼年・少年空手教室

  • 1399
Specifications
エリア・周辺駅 -
最寄り駅 -
概要

shingi_ovry
shingi_ovry

バンコクで武道・空手の習いごとなら心技道場


子供に習い事をさせたいならここ!禅道会心技道場



どんな親御さんでも一度はお悩みになるであろう、お子さんの習い事。
日本にいてもバンコクにいても、この悩みを抱えることには変わりないかと思われます。


「勉強も運動も、できればどちらもやらせたい」
「運動不足を解消して、健康な子どもに育てたい」


日本であれば町中至るところに習い事教室があって選択肢は多いですが、タイ・バンコクの場合はできるだけ日本人エリアから離れず、送り迎えがしやすいところに通わせたいですよね。

それでいて、ちゃんと身につく習い事がいい。


バンコクに住む子供の習い事についてお悩みの方に、おすすめしたい習い事の一つが「武道」です。



バンコクの習い事・空手 心技道場

武道は技を繰りだして相手と戦うイメージが強く、人を傷つけてしまうんじゃないか?怪我をしてしまうんじゃないか?と心配してしまうかもしれません。


精神的にも肉体的にも鍛えられ、挨拶や礼儀、他人への心遣いも身につくという習い事が武道

特に人生において一番多感であり大切な子供の時期に、精神と肉体を強くすることを信念に指導をしている空手道場が禅道会心技道場
心技道場は子供から大人まで利用できるクラスを用意しており、ムエタイフィットネスでご存知の方も多いのではないでしょうか?


お得な入会プロモーション情報はこちら



今回は、生徒数がとても多い子供空手クラスについてご紹介したいと思います!



心技道場の特徴



心技道場 バンコクの習い事・空手

・ブッフェ形式?月謝定額で、好きなクラスに通い放題
・バンコク中心部だけで3か所。タイ国内に5か所の支部がある
・日本人もタイ人も、年下も年上も一緒に練習
・指導員は最長で指導歴が20年!子供の精神と肉体強化のお手伝いを
・各支部、日本人指導員とタイ人サポートが2~3名で指導。初心者や落ち着きのない幼年の子にも対応。




ブッフェ形式?月謝定額で、好きなクラスに通い放題

タイ・バンコクで習い事なら空手心技道場

心技道場の一番の特徴はなんといってもこれ。指導日は毎月の月謝制なのですが、1ヵ月に通える授業の回数に制限がないんです!
開講されているクラスに対して、何度でも好きなだけ通う事が可能なので、通い方次第では1回のクラス料金がかなり抑えられるかも。


子供の場合、定額で以下のクラスに通い放題です!

・幼年空手(3-6歳) or 少年空手(7-14歳)
・幼年少年混同空手
・少年柔道(7歳-14歳)
・子供ムエタイ(小学生以上)
・キッズボクシング(小学生以上)


バンコクで日本人の子供が習えるムエタイやボクシング、かなり珍しいですね。
キッズボクシングはWBA WBC世界チャンピオンが教えてくれるクラス。危険なスパーリングなどは行わないそうです。


今回いくつかの支部に取材で訪れたのですが、通い放題ということで午前中はレインヒル、午後はプラカノンに向かうというように、1日に2つのクラスをはしごして空手の指導を受けているお子さんも見かけました。





バンコク中心部だけで3か所。タイ国内に5か所の支部がある


空手の習い事をバンコクで 心技道場

練習始めの黙想


心技道場のすごいところと言えばこれ。2012年から始動している心技道場は、2016年までの4年間でタイ国内に5か所もの支部を設立しています。


・プラカノン道場(BTS駅前)
トンロー道場(トンローsoi13)
レインヒル道場
・ライオンジム(シーナカリン)
・シラチャ道場


以上の5か所になるのですが、特にプラカノン道場、トンロー道場、レインヒル道場は日本人が生活しているエリアにとても近くアクセスがいいため、日本人の生徒さんがとても多いです。


バンコクの習い事・空手 心技道場

プラカノン道場に集まった生徒たち


通い放題と言われているように、入会していればすべてのクラスに通い放題。
場所が変わるからと言って事前予約するなど、煩わしい手続きも必要ありません。

自分や子供の都合に合わせて、いつでも好きな支部でクラスを受けることができます。


アムラタでは過去に2つの道場の取材をさせていただきました。詳細が気になる方は、以下の過去の記事をご覧ください。






日本人もタイ人も、年下も年上も一緒に練習

心技道場 バンコクの習い事・空手

みんなでランニング練習中


取材に伺っていて驚いたのがこれ。ある程度年齢は区切られているものの、心技道場は小さな子から大きな子まで、一緒に指導を行うという特徴があります。


学校に通うだけだと同年代の子としか交流が持てないタイの学校事情がある中、いろんな世代の子供と同じ空間にいられる機会はなかなかありません。


また、生徒の中にはタイ人の生徒さんや欧米系のお子さんもいらっしゃいます。
心技道場にはタイ人アシスタントも常駐しているので、意思疎通に困ることがなく指導を受けていました。




指導員は最長で指導歴10年以上!子供の精神と肉体強化のお手伝いを

タイ・バンコクで習い事なら空手心技道場

レインヒル道場の梅原先生


心技道場には空手経験の長い日本人指導員が常駐しているというのも、自分の子供を通わせるにあたって安心できるポイント。

今回はページ下部にて3名の先生にインタビューをさせていただいたのですが、その中でも一番長かった先生の空手指導歴は10年とかなりベテランです。

取材中も、小さな子供から中学生ごろの子まで、気を配って指導している様子がうかがえました。




各支部に日本人指導員とタイ人アシスタントが1~2名ずつ常駐。初心者や落ち着きのない幼年の子に対応できます。

空手の習い事をバンコクで 心技道場

プラカノン道場の中村先生とNuna先生


各道場支部に、タイ人の子供指導アシスタントが常駐しておりタイ人やタイ語しか話せないハーフの生徒さんのサポートもバッチリです。


心技道場のタイ人アシスタントは全員で5名いらっしゃるそうで、そのうちの4名が英語堪能、2名は日本語が堪能だそうです。実際、英語が堪能なアシスタントの先生は、普段からインターナショナルに通っている子のサポートをしている姿がありました。


またプラカノン道場のNuna先生は子供好きなようで、休憩時間の合間には付き添いで来ている小さな子と遊んでいる姿も。




身体の強さだけじゃない?心技道場では精神的な成長もお手伝い


空手といえば、蹴りなどの技で相手を倒したり…ちょっと暴力的で怖いイメージがあるかもしれません。
自分の子供に空手を習わせようかな?と思っても、でも怪我をしてしまうのでは…と心配してしまう親御さんもいらっしゃるのでは?


実は空手は、走って加速がついた状態で衝突するような球技など、他の競技よりも大きな怪我は少ないのです。


バンコクの習い事・空手 心技道場


空手の指導を受ける中で、子供は挨拶をしっかりするという礼儀、指導中は姿勢を綺麗に保つという教えから姿勢の良さを身に着けることができます。

こればかりは一度実際に空手道場まで見に行かないとわからないことなのですが、心技道場の先生たちは皆指導の間、ことあるごとに姿勢や声の大きさについて子供たちに呼びかけを行います。

姿勢に気をつけて大きな声を出して、普段から複式呼吸を身に着けることによって、集中力が増して精神的な安定に効果があるのだそうです。


今回はそんな先生方に特別にインタビューをさせていただきました!




ちっちゃい子に大人気!女性指導員 梅原拓未先生


心技道場 バンコクの習い事・空手

幼少期から柔道、空手を習い始める。日本以外にもラオスやフィリピンなどで空手の活動や、日本で試合経験を積んだ後、タイ・バンコクに。バンコク在住歴は約2年。柔道歴11年、空手歴6年。心技道場レインヒル道場で指導を始めてからもうすぐ1年となる。元柔道ジュニアオリンピック強化選手。


――――心技道場で主に担当しているクラスは何ですか?

(梅原先生)子供空手、大人空手を担当しています。あとはサポートでムエタイのミットを持ってお手伝いをすることもあります。


――――子供たちの指導をしていて、気づくこと、成長したなと思うことはありますか?

(梅原先生)指導を続けていると、全体的に「全然変わったな」って思う瞬間は多いです。コロッと変わるんですよね。「あれ、昨日できてなかったのになんで今日そんなにできるようになってるの!?」みたいな。

タイ・バンコクで習い事なら空手心技道場

(梅原先生)最近道場に2歳の生徒がたくさんいるんですけれども、2歳の子なんて最初入ってきた頃なにも話せなかったのに気付いたころにはいろんな言葉が話せるようになっていて。言葉って覚えるのすごく早いんだなぁと思わされます。人間的に、日に日に如実に成長している様を見て、生命の神秘を感じるなと。


――――やはりそういうところを見てうれしいですか?

(梅原先生)はい、やっぱりうれしいですね。教え甲斐があるというか…楽しいです(笑)

空手の習い事をバンコクで 心技道場


――――心に残っている成長エピソードはありますか?

(梅原先生)道場に入ってきたときに、挨拶もできなくてヘニャッとしていた子がいるんですけど…練習を重ねて帯の段を上げていったことで自信がついていって、「目の前でお手本やってくれる人ー?」って言ったら「はいはいはいはーい!」って自分から手をあげて、立派にやり遂げてくれたことがあったんですよ。もうほんと、イイネ!って思ったり。


――――指導するにあたって、気を付けていることはありますか?

(梅原先生)基本的に自信を付けてほしいと思っているので、ネガティブな言葉を使わないようにしています。それから、基本集中して稽古をやってほしいんですけど、やっぱり小さい子ともなるとふざけだしてしまうので…他の子の邪魔になったり、怪我をしてしまうというようなよっぽどの事がない限りは、諭す程度の接し方にしています。


バンコクの習い事・空手 心技道場


――――稽古中に、上手にできている子に対してすかさず褒めていましたが…

(梅原先生)褒めます。褒め殺しにします(笑)




若々しく元気なかけ声で子供をサポート!青木優樹先生


心技道場 バンコクの習い事・空手

バンコク在住歴8ヶ月。ラオスの修練所での指導、フィリピンの実践授業を5~6年を得て、縁あってバンコクへ。叔父が空手をしていたことをきっかけに幼少期から空手を習っており、禅道会での空手歴はトータルで20年。全日本リアルファイティング優勝という経歴をもつ。



――――心技道場で主に担当しているクラスは何ですか?

(青木先生)子供の空手、大人の空手、総合格闘技、それから寝技などを少しかじって教えさせていただいてます。心技道場には、柔道なら柔道専門の先生や、柔術なら柔術専門の先生がいたり、そういったスペシャリストの方もいらっしゃるんですけれども。その間の中継ぎや、基礎的な部分のご指導などもさせていただいております。


タイ・バンコクで習い事なら空手心技道場


――――子供たちの指導をしていて、気づくこと、成長したなと思うことはありますか?

(青木先生)日々感じますね。成長が早いなと。特に3歳から12歳の子供たちって多感な時期だからか、身体の成長や知識・経験も含め、大人に比べて同じ時間の中で伸びるスピードが早くて。本当に日々成長を感じますね。見たことを真似してすぐに技を習得したりとか。逆を言えば自分の悪いところまで真似しまうので、自分自身も気を引き締めなきゃなと思っているんですけれども。本当に日々、成長していっているなと思っています。


空手の習い事をバンコクで 心技道場


――――心に残っている成長エピソードはありますか?

(青木先生)元気が有り余っている子っていうのがいるんですけれども。で、そういった子が様々な縁があって空手を習い始めて、道場の練習も含め、試合に行うようになって。


サポーターやヘルメットを着けてはいるものの、相手を本気で殴ったり蹴ったりということをするんですね。また喧嘩とは違った雰囲気の中で行うので、緊張感があり、リアリティのある痛みを経験していく中で、優しく変化したなという事がありましたね。


バンコクの習い事・空手 心技道場


(青木先生)あくまでも一例ですが、元気が有り余っているという子は一方的にやってしまったり、やんちゃになってしまったりっていう事が多いんですね。そして逆にやられる経験がないと。


そういう子が互角の相手と試合を行って痛みを受ける中で、「あ、自分がやってることってこんな痛いことなんだな」と、自分が何を発散しているのかを身をもって知ることで、優しく変化するということがあって、そういった変化が心に残りますね。


心技道場 バンコクの習い事・空手


(青木先生)痛みを知るからこそ、自分がやることが何を引き起こすのか自覚できる。そうやって人に優しくなってくれる子供たちはたくさんいますね。どんな子でも、総じて優しくなるなと教えている中で思います。


タイ・バンコクで習い事なら空手心技道場


(青木先生)子供たちって普段は同年代の子とばかり接していると思うんですけど、道場の場合下は3歳から上は本当に大きい子までみんな一緒になって稽古をするんですね。下の子は上のお兄ちゃんやお姉ちゃんに面倒を見てもらう。で、その子たちが成長してまた次の子たちの面倒を見てあげる。


受け取ったものは次の世代にしっかり受け継がれていく、そのシステムが道場の中でできているので、そんな過程の中で子供たちが強く優しく成長していくんだなという事を日々実感しています。


空手の習い事をバンコクで 心技道場


――――優しさを含め、空手をしていて子供たちに身に着くことって何がありますか?

(青木先生)うーん…そういえば、ふとコケた瞬間に受け身をとっているのを何度も目の当たりにしていて(笑)「あ、この子達受け身とってるな」と。護身っていう意味で、空手をしていると大きな怪我をしにくくなるっていうのが一つありますね。


イメージなんですけど、空手ってやっぱり殴り合う競技なので、怪我するイメージがすごく強いんですね。特に父兄さんに多いと思うんですけれども。実は空手って、ルール上怪我をしにくいシステムができていて、怪我率の低い競技なんですよ。


バンコクの習い事・空手 心技道場


(青木先生)普段から殴り合うことに慣れてくるので、普段の生活で逆に怪我がしづらくなるんです。例えば危ないからといって包丁を一度も持たされなかった子供が包丁を持ったら危ないですよね。


それと同じで、危ないからといって引き離すのではなくて、しっかり学ばせることによって、正しい使い方を知っていくっていう…(後ろで遊んでいる子供たちを見て)…ほんっとに怪我しないですもん、あの子たち(笑)


――――指導するにあたって、気を付けていることはありますか?

(青木先生)大きな声を出すことと、正しい姿勢でいることですね。変な話、この2点に尽きると言えます。例えば大きなものを持つときって何となく持ち上げるよりも、声を持ち上げるほうが持ち上げやすかったりするんですね。


空手って大きな声を出す点においてスポーツ感があるというイメージがあると思うんですけど、あれって実は単純に大きい力を出すために必要だから身体が自然とやってるんです。現代ってなかなか大きな声を出す習慣っていうのがないので、お腹から声を出すということができないんですね。なので稽古ではできるだけ、大きな声を出すことを意識させています。


心技道場 バンコクの習い事・空手


(青木先生)あとは姿勢をよくさせることですね。やっぱり姿勢や礼儀って大切だなって思っていて。実は礼儀作法は見た目が綺麗だとか、礼儀正しいからやっているというわけではないんです。


先ほどの大きな声と同じで、背中を丸めて荷物をもつよりも、自然と綺麗な姿勢で持つほうが、身体を正しく使えているということになるんです。作法として理に適っているんですね。


――――子供に空手を習わせようか悩んでいる父兄さんに一言お願いします

(青木先生)まず空手は、人を傷つける技術なので前提として危ないのですが、使い方を知れば危なくないんですよ。危ないからといって遠ざける必要はないかなと。人を傷つけて戦う技術は人に優しくすることに通じますし、学んだことはいざというときに役に立ちます。

タイ・バンコクで習い事なら空手心技道場


(青木先生)禅道会はアマチュアの多い団体なので。怪我をしないようにすることにはとにかく配慮しています。危ないというイメージがあるとは思いますが…練習でも試合でも、怪我をしないようマスクとサポーターを付けますし、審判も怪我をさせないように常に配慮しています。


空手の習い事をバンコクで 心技道場


(青木先生)あともう一点、運動する場が少ないというバンコクで、是非身体を動かす場として活用していただければと思います。


最近は3歳の子も増えてきていますし…まずは気軽に遊びに来る感覚で来ていただいて、お兄ちゃんたちと遊んで、その中から戦くことも学んで、身を守る術も覚えて。そして人に優しく接せられるような心を心技道場で身に着けていただけたらなと思っています。


バンコクの習い事・空手 心技道場




指導歴10年以上のベテラン!中村健太先生


心技道場 バンコクの習い事・空手

タイ在住歴4年。日本の広島県で、心技道場代表の秋山氏の元に高校生の頃弟子入りをする。その後別団体で4,5年ほどプロ活動に専念。その後再度秋山氏と縁があり、来タイ。来タイ後、道場開始から参入し、心技道場での指導歴は4年。格闘技歴は14歳から初めていたボクシングを含め15年以上にもなる。その中でも指導歴は10年以上。


――――子供たちの指導をしていて、気づくこと、成長したなと思うことはありますか?

(中村先生)そうですね、やっぱり子供たちに教えていて思うのは…表面的な部分でいうと、最初は泣きっぱなしでできなかった子が出来るようになったり、正座ができない、パンチがまっすぐ打てないといった集中力のない子でも、週に1回でもコツコツとやっていれば、やった分だけ技が上手になる。

集中力が伸びて上がる、礼儀・挨拶などがしっかりできるようになってくる、というような成長が日々感じられますね。


タイ・バンコクで習い事なら空手心技道場


(中村先生)親御さんからすると、「うちの子はいつも負けてばかりで…」というような厳しい目線で見てしまうこともあると思うんですけど、指導をしている先生としての目線で見ると、着実に技が上手になっているなと思いますし、しっかり成長できているといつも感じています。


――――生徒の成長について、心に残っている成長エピソードはありますか?

(中村先生)一人インパクトが残っている生徒さんがいますね。その子が7歳か8歳の時に、空手の試合に出てみないかと提案をしたんです。すると、「やりきる自信がありません」とまるでサラリーマンのような返事が返ってきたことがありまして…7歳ですよ?(笑)


でも結局その子は試合に出ることになって。もともといじられやすいキャラだったので、お父さんもお母さんも心配なさっていたのですが、見事試合をやりきったという成長具合を見せてくれました。結果は負けでしたが。(笑)

空手の習い事をバンコクで 心技道場


(中村先生)あと、最初の3ヶ月は道場に来ても泣きっぱなしだった子が、ご両親にも辛抱いただいて毎週通い続けたことで、みんなと肩を並べて練習ができるようになったというのも心に残っています。


――――指導するにあたって、気を付けていることはありますか?

(中村先生)本人の自立です。たとえ話ですが、先生の多い環境で、あの先生のいう事を聞いて、この先生のいう事は聞かない、という状況は非常にもったいないんですね。

どんな環境や人の前でも変わらない態度でいてほしい。将来どんな環境に身を置いても学べる人間でなってほしい。そういう意味で、本人が自立できるように気を付けて指導しています。

バンコクの習い事・空手 心技道場


――――子供に空手を習わせる良さについて教えてください

(中村先生)空手、剣道、柔道などの武道というのは、何百年もの歴史があってできているものです。


やはりそれだけ歴史が続くのには意味があって。長い歴史のもとでできている空手を習うことで、礼儀が正しくなる姿勢がよくなる身体も心も強くなるといった利点を得ることができます。ですので、空手は子供の習い事としてとてもおすすめしたいと思っています。


心技道場 バンコクの習い事・空手




偶然再会!大崎匠君とお母さまの瞳さん


空手の習い事をバンコクで 心技道場

約半年ぶりの再会!

プラカノン道場の取材の際、昨年「禅道会心技道場RainHill道場」の記事のインタビューとして取材させていただいた大崎匠君とお母さまの瞳さんに偶然再開!

去年の7月の時点で緑帯だった匠君…な、なんといつの間にか黒帯目前の茶帯ゴールドになっているではありませんか!!


バンコクの習い事・空手 心技道場


これも何かの縁、懲りずに再度お写真の撮影とちょっとした近況インタビューをさせていただきました。


――――いつの間にか茶帯に…去年からさらに変わったことってありますか?

(瞳さん)本人(匠君)の目標が黒帯なんですけど、そこの一歩手前の茶帯ゴールドになれてさらに自信が付きました。よっぽど自信がついたのか、毎週月曜日はサッカーをしているんですけど、それ以外の週6日は心技道場にずっと通っているほどです(笑)


――――週6日!?学校終わりと土日って事ですよね…?

(瞳さん)そうですね(笑)心技道場は月謝を払えば一ヶ月好きなだけ通い放題で、どんどん通わせることができるので。火曜日は空手ではなく柔道クラスに通っています。


――――このまま黒帯になるのも時間の問題ですね。

(瞳さん)はい。先生たちのご判断次第というところもありますが…このまま続けて、目標を達成してくれたらと思っています。


しばらく見ないうちにどんどん成長している匠君。子供の成長はあっという間なんだなとライター自信実感させられました。
1度ならず2度までもインタビューにご協力いただきありがとうございました!




生徒インタビュー@トンロー道場


心技道場 バンコクの習い事・空手

トンロー道場取材時、青木先生のインタビューの際に空手歴の長い生徒さん、近藤城央君を紹介していただきました。

現在13歳中学1年生。日本在住時、幼稚園年長のころから空手を始め、バンコク在住をきっかけに流派が一度変わったものの、トータルの空手歴は8年にもなるそうです。

付き添いでいらっしゃっていたお母様と、青木先生も交えてインタビューをさせていただきました!


――――幼少期から空手をしているということですが、していてよかったなと思うことはありますか?

(城央君)うーん…友達とか相手に攻撃をしかけられても、ヒョイヒョイかわせることかな。で、相手だけヘロヘロになるっていう。

(お母様)あと強いからって、「城央といれば変なやつと鉢合っても守ってもらえる」って友達にボディーガード扱いされることが多いですね。それでよく一緒にいたがられるようです(笑)

(城央君)(笑)

(お母様)それから、親の立場から見ていいなと思うことは、身体が丈夫なことですね。以前マンション中にインフルエンザが流行ったことがあるんですけど、城央だけその中で唯一生き残ったんです。おかげで通学バスは他のマンションの子も含めたった4人で乗車したっていう…


タイ・バンコクで習い事なら空手心技道場


――――ほぼ貸し切り状態ですね(笑)

(お母様)今日の練習も、友達の家に泊まってたから徹夜で来てるはずなんですよ。なのにすごく元気で。ほんと、空手をやらせていて、健康面にすごくいい影響が出たなと実感しています。

(青木先生)それから面倒見もいいですよね。練習が終わったあとお迎えを待ってる子とずっと遊んであげてたり。

(お母様)そうですね~。そういう意味では優しくなれているのかなと思います。

(青木先生)城央はほんと強い子なんですけど、普段は一切暴力的じゃないしそういう面を出さないですよね。プライベートでもすごく温厚で。でもいざというときにその強さを発揮できるし、痛みを知っているからこそ人に優しくなれる。優しさのあるすごい男だと僕は思っています。



インタビュー後半では青木先生からほぼ褒め殺しされる城央君。
たしかに取材時にも、小さな子供さんと一緒に遊んでいる様子が伺えましたし、取材に対して照れながらも礼儀正しい態度で対応してくれました。

これも心技道場で日々練習を重ねているからなのでしょう。


お母様も含め、今回はインタビューに答えてくれてありがとうございました!





アムラタ特別プロモーション



以下の画像を提示するか、「アムラタを見た」と言って入会する場合入会金が半額に!

習い事を始めるときにかかってしまう初期費用を抑えられるお得なプロモーション。


空手の習い事をバンコクで 心技道場プロモーション
空手の習い事をバンコクで 心技道場プロモーション


【プロモーション適応条件】
・入会時に「アムラタを見た」とお伝えください。
※期限は3月31日まで!



無料体験は随時実施中!

すぐに入会!とまではさすがに決めかねると思いますので、まずは無料体験にお子さんと来ていただいて、道場の雰囲気を肌で感じてみるのがおすすめです。

心技道場には、体験を通して心技道場を知ってから、入会したという生徒さんがほとんどです。体験後でも当ページのプロモーションを利用して入会できますので、まずは見学のつもりで体験に来てみてはいかがでしょうか?

体験申し込みのお問い合わせは、電話でもWebでも可能。以下からお申込みが可能です!



お問い合わせはこちら!禅道会心技道場


【電話番号】087-829-3837(あきやま)
【メール】kenzo090905@gmail.com

【公式HP】http://shingi-gym.com
【Facebook】
facebook.com/zendokaishingidojo/

(クラススケジュールは上記Facebookページにて随時更新中)




  • Map View
  • Street View
  • Directions
  • Driving
  • Walking
  • Bicycling
  • Transit

おすすめ関連記事