トンロー駅前のタイ料理カフェ – Sit and Wonder

  • 1334
Specifications
最寄り駅 BTS-トンロー
概要


BTSトンロー駅から徒歩一分。soi55入り口にあるお洒落なタイ料理カフェ「Sit and Wonder」


画像:バンコクトンロータイ料理「sitandwonder」01


画像:バンコクトンロータイ料理「sitandwonder」02
画像出典:https://www.facebook.com/SitandWonderBangkok

最近では様々な料理店が数多く存在するトンローエリア。
料理店の多くはトンローエリアに住む日本人やその他の日本人向けにオープンしている店で、ジャンルも日本料理だったりイタリアンだったりと豊富です。
しかし日本料理となるとランチの価格帯も平均して高めの設定になっており、普段から通うにはちょっと…など思う人も多いのでは?


筆者もよくトンローエリアでランチを済ませることがほとんどなのですが、日本料理ランチは毎日食べるには高いので行けるわけがなく、普段は道端の屋台などで済ませていました。
そんな時、トンロー付近で知り合いに会う用事が入り、「トンロー駅付近でランチ出来る所で会おう!場所は任せるよ!」と頼まれる出来事が。
少し会う程度で日本食のランチっていうのも高いし、駅から歩くには距離があるなあ…だからって屋台飯じゃ落ち着いて話もできないし…なんて途方に暮れた筆者。

そんな時ふと見つけたのがこのタイ料理カフェ、「Sit and Wonder」でした。


画像:バンコクトンロータイ料理「sitandwonder」03
画像出典:https://www.facebook.com/SitandWonderBangkok

トンローソイ55の大通りを歩いている時に、ふと目に入ったお洒落なカフェ風の店構えに「ビビッ!」と来た筆者。
(写真は2013年の店構え。現在では写真の垂れ幕が立派な看板になっています。)

店頭に置かれているメニューを確認してみると…


画像:バンコクトンロータイ料理「sitandwonder」04

すごくイイ感じのタイ料理のお店でした!


画像:バンコクトンロータイ料理「sitandwonder」05

しかもランチの値段が59バーツ~79バーツで100バーツ以下と、かなり安い。
店内を覗くと…


画像:バンコクトンロータイ料理「sitandwonder」06
画像出典:https://www.facebook.com/SitandWonderBangkok

画像:バンコクトンロータイ料理「sitandwonder」07
画像出典:https://www.facebook.com/SitandWonderBangkok

めっちゃモダンでオシャレやないか~い!

席は一階席、二階席と席数や感覚もちょうど良い。雰囲気よし、値段も手軽で良し。
筆者の心の中で問題になっていた知り合いとのランチ場所はここに決定しました。


ランチ


59バーツ~79バーツの安価ランチは、「จานเดียว(ジャーンディヤオ)」または「ราดข้าว(ラートカーオ)」と呼ばれるおかずご飯と、チャーハン、タイラーメン、エスニックカレー(ごはん付き)が対象。
もちろんおかずを数品とごはんを人数分頼んで、おかずをシェアする形の食事も可能ですが、お昼のランチにするならこれらのメニューを頼んだ方が量的にもちょうどいいです。


画像:バンコクトンロータイ料理「sitandwonder」08

ランチメニューは、好きな料理と中の具を組み合わせて選びます。
59バーツ~79バーツと、値段に差があるのは選ぶ具によって価格が違うためですね。

59バーツ…豆腐+野菜 / チキン / ポーク
69バーツ…ビーフ
79バーツ…エビ / イカ

実際にランチした際に筆者が選んだのは、豚ひき肉とバジル炒めの組み合わせ…そうです、タイ料理の定番ガパオライス。
タイ語では「ผัดกระเพราหมูสับ(パットガパオムーサップ)」と注文します。目玉焼きも上にのせてほしいときは、「ไข่ดาว(カイダーオ)」と店員さんにお願いすれば追加してくれます。


激辛になるほど美味しいとされるガパオライスですが、「辛さは普通ですか?それとも控えめにしますか?」という計らいによって辛さ控えめで注文。
タイの普通の辛さは日本の激辛と同等である事を知っている人は少なくないはず。タイの「タマダー(普通)」をあなどってはいけません。
ちなみにタイ語で「辛さを控えめ」は、「เผ็ดนิดหน่อย(ペットニッノーイ)」です。


画像:バンコクトンロータイ料理「sitandwonder」10

注文してから数分後、オシャレな盛り付けでガパオライスが運ばれてきました。
店内がオシャレなら、料理の盛り付け方もオシャレ…オーナーさんのこだわりが垣間見えます。

気になる味は、ハズレなく美味しかったです。
パッと見、ご飯量が少なめに見えますが意外とおかずが余らないくらいの量がありました。


筆者たちは正午12時頃にお店を訪れましたが、その時は割と空いていた店内が数十分後には満席になるほどの人気っぷり。
近隣にはBTSの駅やマリオットホテルがあるからか、観光客の方らしき人がたくさん入店されていました。
メニューが英語メイン+タイ語でわかりやすく書いてあるのは、観光客の来店が多いからかもしれません。


画像:バンコクトンロータイ料理「sitandwonder」11

オシャレで激安にタイランチを楽しめる「Sit and Wonder」ですが、タイ料理以外にサラダなどのサイドメニュー、カフェ朝食メニュー(午前のみ)も充実しています。


Sit and Wonder

information


【営業時間】11:00~23:00
【所在地】58/12 soi Thonglor, Sukhumvit 55, バンコク 10110
トンロー駅を降りてすぐ、大通りソイ55を進んで30メートル程右側。
【最寄駅】BTSトンロー駅
【電話番号】+66(0)2-714-1158


カフェ&レストラン一覧へ戻る タイ料理(屋台含む)一覧へ戻る



  • Map View
  • Street View
  • Directions
  • Driving
  • Walking
  • Bicycling
  • Transit

おすすめ関連記事