一生に一度は行きたい?バックパッカーの聖地カオサン通り

一生に一度は行きたい?バックパッカーの聖地カオサン通り

バンコクの有名な大通りといえばカオサン通り。
バックパッカーの聖地としても知られるカオサン通りには、観光客のための激安ゲストハウス、旅行代理店、ビアガーデン、バー、マッサージ店などが密集しています。

屋台や土産店も数多く路上に出店しており、小物などのお土産類や激うまタイ屋台など、ふらっと遊びにいくだけでも楽しめる観光地となっています。

カオサン通りには何があるの?おすすめスポットの紹介

カオサン通り

カオサン通りの中心は昼間から欧米からの観光客などで賑わっています。
夜になるとクラブを目的にやってくるタイ人の若者なども加わるため、カオサン通りはいつも人で埋め尽くされています。

場所によってはクラブ&レストランからディスコミュージックが爆音でかけられ、店内からあふれ出たお客さんが道のど真ん中でビール片手にお祭り騒ぎ。

カオサン通り

また通りのあちこちには、アジアンテイストのアクセサリーやタイ雑貨、染め地のタイパンツ、ワンピースなどのエスニックファッションも格安で販売されており、女性も楽しくショッピングをして過ごすことができます。
歩きまわって疲れても、通りのあちこちにマッサージ屋さんもあるので、小一時間程度フットマッサージで休憩…なんて過ごし方までできてしまいます。

そして五月蠅い場所での食事が得意ではないという方でも安心。
裏道に入ってメインロードの一つ隣の小道に行けば、そこにはおシャレなレストランが密集するエリアが!

主にタイ料理を扱ったレストランがほとんどですが、旅行者でも食べられるような味付けで提供してくれるので不慣れなタイ料理でもとても美味しくいただくことができます。

カオサン通りのおすすめレストラン3選

ではここからはカオサン通りにある、おすすめのレストランを3店ほど紹介します。

カオサン通りの定番と言えば! パッタイ屋台

カオサン通りで一番有名な食べ物といえばパッタイ。
バックパッカーとしてカオサンに滞在したことがあるなら、皆一度は食べたことがあるのではないでしょうか。

カオサン通りには、パッタイ屋が乱立。
様々な屋台で楽しむことができる料理です。

その中でもおすすめなのは、カオサン通り入り口付近のこのお店。
誰が登録したのかは分かりませんが、GoogleMapにも「Best Pad Thai」と記載されている屋台です。

価格は30THBほど。お手軽で美味しいタイ料理です。


イスラエル料理が激うま-Shoshana Restaurant

カオサン通りに来てイスラエル料理?と思うかもしれませんが、このお店はタイに来てでも食べてほしいイチ押しの激うま店です。

このお店の名前「ショーシャナ」は、イスラエル語で一輪の薔薇という意味だそう。
元々はイスラエル人向けのゲストハウスだったお店ですが、今はカオサンでも人気のレストランの一つです。

ショーシャナは、カオサンの中でもかなり早期からゲストハウスを運営。
その際旅行客にイスラエル人が多く、彼らのために食事として出していたイスラエル料理が現地のタイ人や旅行客に受け、本格的にレストラン事業へと移行したそうです。

この店に訪れたイスラエル人は、「これはまさしく母国の味だ」と懐かしむとか。
本場の人がうなる名店ですが、もちろん日本人の口にも合うと思うので、ぜひ一度行ってほしいおすすめスポットです。

焼きたての「ピタ」と味わう本場のイスラエル料理はとても合い、何度もお代わりがしたくなってしまうほど。
特におすすめなのは、shakshoukaと呼ばれるトマトベースの卵料理です。

カオサン通りおすすめレストラン

その他にも、豆ペーストとマッシュルームのカレー風味を合わせたイスラエル料理などもあり、そちらもおすすめです。


味は最高、店員は… でかいおっさんの像の店

カオサン通りのおすすめレストラン
画像引用:http://www.thailandfans.com/blogs/details/1775

筆者の個人的なおすすめは、カオサンのメインロードから一本外れた通りの、タイレストラン。
この記事を書いている私は、タイ在住歴8年なのですが、バンコクで最もマッサマンカレーがおいしいお店だと思っています。

マッサマンカレーは元々世界で一番おいしい料理として、CNNで取り上げられ話題になった料理。現在では、10位と順位を落としているものの、世界的に認められているタイ料理の一つです。
そんなマッサマンカレーが、このお店は絶品。ぜひ一度試してほしい一品です。

しかしちょっと注意しないといけないのは、ここの店員さんたち。
よくお釣りをごまかすらしく、注意を払っていないとお会計をごまかされてしまうかもしれません。

GoogleMapの口コミを見ていると、お釣りをごまかされたとか、態度が悪かったなどの口コミが多数。
かなりの低評価が付けられてしまっています。

正直私は大好きなお店だったので、この評価を見てびっくり。
今まではカオサンに行くという友人たちには絶対におすすめと勧めていたのですが、この口コミを見て果たして勧めてもいいのか…と悩んでしまいました笑

これまで20人以上の私の知り合いが行っているお店で、みんなは口を揃えておいしいというので味に間違いはないはず!

一応GoogleMapを掲載しておきますので、もし気になったらぜひ行ってみてください。
味はとっても美味しいはずです!笑


バックパッカー御用達!激安宿も

カオサン通りのゲストハウス

カオサン通りがバックパッカーの聖地として知られるようになった大きな要因は、数多く並んでいる激安ゲストハウス。
以前はバックパッカーの宿の定番といえばヤワラート通りでしたが、カオサン通りにゲストハウスが出来、その後旅行代理店や旅行客向けのお店が次々とできたことから、「バックパッカーといえばカオサン通り」という認識へと移ったという背景があります。

カオサン通りの宿は今でも安く、300THB前後で宿泊することが可能。
150THB前後(500円)で泊まれるホテルもまだまだ存在します。

カオサンにはゲストハウスが沢山あるので、その日気に入ったゲストハウスに入ればOK。
予約などせずとも部屋は満室ということはほとんどないので、急にふらっと訪れパスポートを見せるだけで泊まれるという気軽さです。

もしも狙っていたゲストハウスが空いてなくても、近くには似たようなホテルがあるはず。
少し歩けば別のゲストハウスが見えるはずなので、そっちに聞いてみましょう。

ただし、どうしても泊まりたいゲストハウスや、観光ハイシーズンの時は泊まれない可能性もあるので、予約した方がいいかもしれません。

ナイトスポットはクラブやバー。お洒落なカフェも空いてる

カオサン通りのクラブ

バンコクはよく眠らない街と表現されますが、カオサン通りも夜は激しい盛り上がりを見せます!

カオサン通りには現地のタイ人にも人気のクラブがいくつかあるため、クラブやバーはあらゆる人種で沸き上がります。

移動型のレゲエパブなんかも!
パーティ好きには最高のプレイスポットが一通り揃っています。

カオサン通りのカフェ

喧噪からちょっと離れたくなったら、裏道のカフェへ。
ここは、The Fabulous Bar & Dessert Cafeというお店。

カオサン通りから少し離れるとお洒落なカフェや静かなバーなど、隠れ家的スポットが沢山あります。
特にカオサン通りは人気店も多いものの、集客競争が激しいエリア。

目を離すとすぐに新しいお店がOPENするので、まだアナタしか知らないお店が見つかるかも?

疲れてしまったら道端でマッサージも!

カオサン通りにはマッサージ屋さんが沢山!
30分150HB程度でタイ古式マッサージやフットマッサージを受けることができます。

食事や買い物など、遊びに疲れてしまったらマッサージ屋に立ち寄るのもおすすめです。

カオサン通りへの行き方

カオサン通りへの行き方

カオサン通りへの行き方は大きく分けて3通りです。
①BTS(電車)+タクシー
②路線バス
③タクシーで直行する
(電車と水上ボートを活用して行く方法もあるのですが、難易度が若干高いためここでは割愛します)

①BTSとタクシーを乗り継いでいく

出発地にもよりますが、最も渋滞に巻き込まれない行き方はおそらくこれです。
まずBTSに乗り、カオサン通りに近い駅まで行きましょう。
カオサン通りから最も近いBTSはRatchathewi駅です。

Ratchathewi駅下でタクシーを捕まえることができるので、カオサン通りに行きたいことを伝えましょう。
このエリアの方は英語が通じない可能性があるので、コミュニケーションが少し難しいかもしれません。

カオサン通りに行きたいというのは、タイ語で
「ヤーク パイ タノン カオサーン カッ」と言います。

タイ文字表記だと下記のようになりますので、通じない場合はタクシーの運転手に見せてください。
อยากไปที่ถนนข้าวสาร

また「カオサーン」と連呼し、写真を見せれば通じるかもしれません。
失礼にならない程度に粘ってみましょう。

②路線バスを使って行く

これが最も安く行ける方法です。
路線バスの「2番」と「511番」がカオサンへ行けるバス。

路線バスは非常に安く、2番のエアコンが付いていないバスだと6THB。
エアコンが付いている511番だと20THBで行くことが可能です。

スクンビットなどから乗ることができますが、バスは渋滞に巻き込まれやすく時間がかかってしまうの要注意です。

③タクシーで直行する

これが最も楽に行く方法です。

タクシーを止め、
「ヤーク パイ タノン カオサーン カッ」と言いましょう。

タイ文字表記だと下記のようになりますので、通じない場合はタクシーの運転手に見せてください。
อยากไปที่ถนนข้าวสาร

乗るエリアにも寄りますが、空港やスクンビット周辺からカオサン通りは少し遠いため(15km程度)乗車拒否されるかもしれません。
何台か止めることできっと行ってくれるタクシーが見つかるはず。

見つからない場合は、タイでは配車サービスのUBERやグラブタクシーや使えますので、アプリ経由で配車を依頼しましょう。

ホテルに滞在している場合は、ガードマンに言えばタクシーを呼んできてくれます。

カオサン通りからスクンビットへの帰り方

カオサン通りからの帰り方

カオサン通りからスクンビットへ帰る際は2通りです。
・トゥクトゥクで帰る
・タクシーで帰る

深夜帯に帰ることになると移動手段はタクシーかトゥクトゥクしかありません。
しかし、カオサンは観光地。メーターを使われず多少ぼったくられるのは覚悟した方がいいかもしれません。

粘ればメーターを使ってくれるタクシーが現れるので、どうしてもメーターがいいという人は頑張ってみるのも手です。

メーターを使わない場合、スクンビット150-200THB程度なら相場。
それを超えてしまうと明らかに払いすぎなので、交渉した方がよいと思われます。

トゥクトゥクの場合は250-350THB程度。
タクシーに比べるとどうしても高いですが、旅の思い出になることは間違いなし!

まだ乗ったことがない人はここで乗っておいてもいいかもしれません!

カオサン通りのまとめ

カオサン通りのまとめ

カオサン通りはかなり騒々しい場所なので、あなたもバックパッカーの雰囲気に圧倒されるはず。
そんな喧噪を楽しめるという方にはぜひ一度行ってほしい観光スポットのカオサン通り。

しかしタイに長く住んでいると、カオサンは年々綺麗になっていっている気がします。

もしかしたらカオサン通りが綺麗な観光地化してしまうのは時間の問題かも?
この東南アジアらしい熱気や、人々のエネルギー、バックパッカーたちの自由な空気を感じられるのは、あと数年かもしれません。

気になる方はぜひ一度足を運んでみてください。
忘れられない旅の思い出が1つ増えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です