【すべて自社運送】商船三井引越センター

タイで引っ越しなら商船三井引越センター

画像:バンコクで引っ越しなら商船三井引越センター03

海外在住日本人に多く利用されている引っ越し業者「商船三井引越センター」。
商船三井引越センターではタイと日本の間の引っ越し、またはタイ国内での引っ越しをすべて任せることができます。

「小規模なものでも最高のサービスで、責任をもってお運びする」というのをモットーとして掲げる、信頼できる運送会社です。

商船三井引越センターでは、タイ国内などの近場以外にも、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、オセアニア、アフリカまで世界の至る所まで運送することが可能です。日本への帰国以外に、他の国に移動となった場合でも利用できるので頼りがいがありますね。

海外運送の問題点

画像:バンコクで引っ越しなら商船三井引越センター01 画像:タイ、バンコクで引っ越しなら商船三井引越センター02

海外運送のサービスを利用する場合、いくつか気を付けなければならないことがあります。

基本的にタイをはじめとする東南アジアの国々はインフラの整備がまだまだな地域が多く残されているため、日本との違いをよく知っておきましょう。
また当たり前ですが、諸外国は日本でないため、日本と同じような治安感覚でいると痛い目を見てしまいこともあるかもしれません。

例えば、この文章を書いている著者も以前、某日系大手の運送業者を利用し、日本からタイへ荷物を送ったことがありました。
そちらの会社は日本で依頼を受けタイの下請けに運送を任せるというモデルでサービスを提供されていたのですが、やはり別会社の下請けとなると色々と問題が起きてしまい非常に困ってしまったことがあります。

私のケースでは、荷物の一部がなくなり、またタイ側の税関で日本で愛用していた衣類を商業用のものと疑われ、追加料金を払わされそうになったのですが、日本本社の方をタイから国際電話をかけ、対応してもらったことにより、なんとか保障をしてもらうことができました。

その時はなんとか紛失物の金銭補償と全額返金+日本への再送。という形での保障だったので、タイの私の手元へ荷物が届くことはなく、その後もタイ、日本間での荷物の運送が億劫になってしまいました。

在タイ日本人の間ではこの手の話はよくありますよね。

・送ったはずの荷物の一部がなくなっていた。
・荷物は無事だったが同送したお金だけ抜き取られていた。
・荷物自体がなくなってしまった。
・日本から送る際は大丈夫だったがタイの税関で荷物を止められてしまい、追加料金を払わされた。
などなど様々な問題をよく耳にします。

商船三井引越センターのメリット

画像:タイ、バンコクで引っ越しなら商船三井引越センター03

そこで是非在タイ日本人の方々にご紹介したいのが商船三井引越センターのまず何よりのメリットは運送工程をすべて自社内で行うというところ。工程を外部の会社に投げずにすべて請け負ってくれるため、非常に信頼できます。

私が以前依頼した会社ではやはり問題が起きた際、別会社との連携がうまくいっていないため、どこで荷物がなくなったのか、現在どのような対策をしているのかなどが全くわからず、不信感を抱いてしまったことがありましたが、全行程、自社請負なら安心してお任せすることができますね。

他にもメリットまだまだあります。
商船三井引越センターではサポートが非常に充実しており、引っ越しの準備や説明なども日本人スタッフが直接行ってくれます。
もちろん引っ越しの当時も立ち合いにきてくれますので大変信頼できるでしょう。

また引っ越しの準備の際はバンコク市内であれば無料で見積を行ってくれます。
運搬が難しい特別な家財などの相談もその際に行ってくれますので、引っ越しを検討されている方はまずは見積をお願いしてもよいかもしれません。

また引っ越しをする際に一番大切にしたいことは、余裕を持って準備をしておくこと。
早めに予約をしなければ、引っ越し前の運搬方法の打合せや下見ができませんので、早めの予約をおすすめします。

引っ越し当日は依頼者は何もする必要はありません!
荷造りから梱包まで全てを安心して任せることができるので安心です。
個人で手続きをする場合、困難な「通関手続き」ですが、もちろんこちらも代行してくれます。

その他の注意点・備考

画像:タイ、バンコクで引っ越しなら商船三井引越センター04

タイから発送後は約、
【空輸便】1週間~10日間程
【船便】1か月ほど

で運送が完了し自宅に届きます。

料金は、実は空輸便の場合、料金は重量で決まりますが、
船便の場合は容積で料金が決まるため重さは関係ありません。
(空輸便の場合も体積が軽くてもかさばる場合、容積に対しての推定重量で料金が決まることもあります。)

他にも、
・パスポートを誤って混入しないように気を付ける。
・空輸便の場合スプレーやミスト類を混入させない。(船便はガス以外OK)
などには気を付けましょう。

詳細情報

お問い合わせ先

Tel : +66(0)2-234-6252
Fax : +66(0)2-237-1552
Email : molthailand@mol-liner.com

事務所所在地

5th floor, Boonmitr Building, 138 Silom Rd. Bangrak バンコク 10500
最寄り駅BTSサラデーン駅から徒歩圏内
Website : http://www.mol.co.th/en/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です