Shingi ムエタイ&フィット トンロー13

「運動不足」バンコク在住日本人のよくある悩みの1つです。 バンコク市内に、そんな日本人の悩みを解決してくれる施設がまた1つ登場しました!

Shingi ムエタイ&フィット トンロー13

Shingiこと心技道場は、こちらの記事でも紹介している通り、バンコク市内や市外に多くの支店を持つ道場。

以前まで「禅道会」空手道場として運営していたバンコク・トンローsoi13の道場を、心技道場としてリニューアルオープンさせたのがトンロー道場です。

前回はレインヒル道場の子供空手クラスを取材させていただきましたが、今回のトンロー道場取材では午前の「ムエタイフィットネスクラス」にお邪魔させていただきました!

トンロー道場の設備

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:02

マットの色は、バンコク市内にある他の心技道場支部であるレインヒル道場と同じように元気なカラーの黒と黄色。 縦にも横にも広いスペースが確保されていて、大きな鏡も完備しています。

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:03

更衣室も2部屋完備。暑さで汗がべとべとになっても、ちゃんと着替えられるのが嬉しいです。

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:04

レッスンの合間の休憩時間や、レッスン前・後などいつでも利用できる飲料水サーバーも完備。
わざわざ自分でお水を持参する必要もありません。

img class=”alignnone size-full wp-image-6872″ src=”https://amurata.com/wp-content/uploads/2015/03/IMG_2132.jpg” alt=”バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:05″ width=”1500″ height=”1000″ /> img class=”alignnone size-full wp-image-6870″ src=”https://amurata.com/wp-content/uploads/2015/03/IMG_2169.jpg” alt=”バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:06″ width=”1500″ height=”1000″ />
バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:07 バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:08

トンロー道場の設備で面白いものと言えば、これ。

この黒いもの、何かというと筋力トレーニング用の綱なんです。 運動会の綱引きの時に使う綱ってすごく重たいですよね。

この黒い綱は運動会の綱ほどではありませんが、人ひとりが持つにはかなり重たいのです。

試しにアムラタ取材員もやってみるも…

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:09

重たすぎて思わず爆笑しました。

通常、綱を持った動作運動を1セット30秒でトレーニングするそうなのですが、このアムラタ取材員5秒ももちませんでした。 日頃の運動不足を悔いるばかりです。

レッスン内容

ムエタイフィットネスのレッスン内容は以下の通り。 時間にして、1回につき1時間半のレッスンメニューになっています。 (今回お邪魔したのは水曜午前10:30~11:30のクラス)

1.ストレッチ
2.基礎動作練習
3.音楽に合わせて反復運動
4.ミット打ち
5.〆の筋トレ

これだけで見ると、簡単そうな内容だと思ってしまいそうですが、しっかりと身体を動かせるような内容になっていて、練習後の「やりきった感」が半端じゃないんです。

そんなフィットネスの内容について1つ1つレポートしていきます。

1.ストレッチ

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:10

ムエタイフィットネスのレッスンに欠かせないのが、音楽。 時間になるとタイ人の先生が音楽をかけ始め、それがレッスン開始の合図になっていました。

最初に行うのは、柔軟なストレッチ運動。 どんな運動を行う場合でも、事前に身体の関節を伸ばすことで練習中の怪我のリスクを軽減させるのは必須ですよね。

2.基礎動作練習

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:11
バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:12 バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:13

タイの格闘技ムエタイで使う基本技の練習を行います。

この日は体験レッスンの方が1名いらしていたのですが、タイ人先生は簡単なタイ語と英語を織り交ぜながら、初心者でもわかる丁寧な説明をしていました。

真面目な格闘技としてではなく、フィットネスとして行うムエタイなので、先生の説明も生徒さんが楽しめるようにわりとコミカル仕様。

先生のおちゃめな説明に練習生のみなさんもにっこりです。

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:14

動作の内容としては、キック、ジャブ、アッパー、肘打ち、ジャンピングパンチなど様々。 これらの基本動作は次のレッスンに必要な動きになるので、1番時間をかけて丁寧に教えてくれます。

3.音楽に合わせて反復運動

このレッスンの1番の見せ場といっても過言でもないのがこの音楽に合わせた反復運動。 まずは以下の動画をご覧ください(ほんの30秒ほどです)

10回目が終わると思ったあたりですかさず「OneMore!!」と叫ぶところに、先生のユーモアのあるスパルタぶりを感じます(笑)

見ての通り、軽快なタイ音楽に合わせて先ほど練習した基礎の動きをひたすら反復させます。 この運動を、合計で3分以上行います。

身体を3分間ひたすら動かすって、どれだけしんどいことかわかりますか? ランニングで考えると3分で1km走るのと同等の運動量なので、それと同じくらい疲れるんです。

しかも音楽が流れている間はひたすらノンストップの休憩なし。生徒さんたちも運動が終わるころにははヒィヒィといいながら汗を流していました(笑) これだけの運動量なら、かなりのカロリー消費に繋がっているはず。

4.ミット打ち

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:15
バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:16 バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:17

音楽に合わせた反復運動の後、数分の休憩をはさみます。 休憩後には、2人の先生にミットを持ってもらい、交代でミット打ちが始まりました。

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:18

基本的に、制限時間内に先生に教えてもらった基本技を自由に打ち込んでいきます。

初心者だと「うーん、何を出そうかな」と悩んで技が出しにくい気持ちになってしまいそうですが、先生が「キック!」「ジャブ!」というように技の指示をしてくれるのでテンポ良く練習をすることができます。

タイ人先生は、練習1セットの最後に必ず生徒さんに10回キックさせるというちょっとスパルタな指示を出していてすごかったです。

ここまですればちゃんと筋肉が引き締まりそう…笑

5.〆の筋トレ&ストレッチ

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:19 バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:20

最後に、締めの筋力トレーニングを行います。 ここまでくると既に運動をしまくっているので疲れててもおかしくないのですが、欠かさず筋トレ。

加えて実際に行う筋トレの内容も、意外とキツ~いものがほとんどで、生徒さんたちもプルプルでした。

当日アムラタ編集者は見てるだけでしたが、本当に筋肉に効いてそうだと感じました。

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:21

ふぅ~…。 筋トレ後にちょっと一息。 ムエタイの先生が、練習中に怪我をしないためのポイントについて熱心に教えてくれました。

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:22

レッスン終了時は、皆でにっこり「コップンカー」のワイでしめます。 まさに「ムエタイ」という雰囲気が漂う素敵な終わり方です。

生徒さんインタビュー

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:23

ムエタイフィットネスクラスの生徒 餘目未央さん

今回、心技道場のムエタイフィットネスクラスに通っている餘目未央さんに特別にインタビューさせていただきました。

――――心技道場のムエタイフィットネスクラスにはいつから通っているんですか?

(餘目さん)6月の中旬に、レインヒル道場でスタートしました。最近になってこのトンロー道場ができて、レインヒルよりも家が近かったというのがあって今日はこちらに来ています。

――――ムエタイフィットネスを始めたきっかけは?

(餘目さん)もともと身体を動かすのが好きなんですけど、ムエタイって日本ではあんまりできないじゃないですか。せっかくタイに来ているんだから、タイでしかできないことをやろうかなって思ってムエタイをはじめようと思いました。

ただ、心技道場のムエタイフィットネスクラスが出来るまで知ってたムエタイのクラスってエアコンなしの野外でやるとか、結構キツいところばかりで。知り合いにも「回数券を買ったけれど結局受けずに終わってしまった」という人がいたりとか、そういった噂を聞いていたので、「大丈夫かなぁ?」って思ってたんですよ。

心技道場のムエタイフィットネスクラスが出来て、実際見てみると室内でエアコンもちゃんと効いてるし、ちゃんと「奥さん向けのプログラム」だなって思って、体験レッスンも楽しくできたので、そこからクラスを続けようと思いました。

――――ムエタイフィットネスクラスの内容についてどう思いますか。

(餘目さん)えっと、「苦しさ半分・楽しさ半分」という感じですね(笑)

――――(笑)

(餘目さん)先生たちが、私たちをすごく楽しませようとしてくれてるのがわかるんです。練習が苦しくても先生がコミカルな振る舞いをしてくれると笑顔になれるし、そこでまたひと踏ん張りできる感じが好きです。

――――たしかに楽しそうでしたね(笑)そんな感じだと、やっぱり先生がタイ人でも不安を感じないのでは?

(餘目さん)そうですね、ないです!特に「タイ人だから」といって不安になることは全くないですね。

――――ムエタイクラスを始めてから変わったと思うことはありますか?

(餘目さん)まず体脂肪率がすごく下がったなと思っています。自分の中では。 それから、普段の生活の中でちょっとした距離でも前までは「暑いし…」と思って歩くの躊躇することが多かったんですけど。普段からムエタイをし始めて、普通の生活でももう少し身体を動かそうかなっていう積極性が出てきたというか…

――――練習を見ていて、ジャンピングパンチのジャンプがすごく高いなと思ったのですが…

(餘目さん)全然全然。自分では身体のバランスが悪いなと思っているので、そこをもっと改善できるよう頑張っていきたいなと思っているくらいです。

――――これからも割と長めにクラスを続けていく予定ですか?

(餘目さん)入会時に3カ月プランで入会したんですけど、1ヶ月フリーのオマケが付いていて、合計で4カ月通えることになっているんですね。それが終わっても、また続けていきたいなっていうふうに今は考えています。

――――例えば試合や階級テストを受けられるとしたらどう思いますか。

(餘目さん)えーそんなのあったら是非受けたいですね! 普段家でムエタイ技の練習をしてたりするんですけど、それを見た主人に「どんだけ強くなるの」って言われたりしてて(笑)

――――それはすごい(笑)

(餘目さん)子供たちには「かっこいい!」って言われるんですけどね。日本にいる友達にも「ムエタイやってる」って言うと、こういう主婦向けのフィットネスじゃなく「本気のムエタイ」をやっているのかと勘違いされるくらいで。

そこまでは求めてないんですけど、ただ、ムエタイのテストとかがもしあったらやっちゃうかな。私は好きかもしれないです。

――――やはり心技道場のムエタイフィットネスは、格闘技のムエタイに比べて気軽に通いやすいクラスなんでしょうか?

(餘目さん)トライアルをやったとして、もし「本気で無理」って思ったらクラスに入る人って少なくなるじゃないですか。 私がトライアルを受けた日、他に7、8人くらいトライアルの人がいたんですよ。レッスンの後、そのほとんどの人が「楽しかった!」って言って入会してたくらいで。 奥様には通いやすいクラス内容だと思いますよ。

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:24 バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:25

餘目さんのレッスンの様子。

先生インタビュー

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:26

ムエタイフィットネスクラス メインコーチ ノップ(Nop)先生

生徒さんの次に、ムエタイフィットネスの講師をしているノップ先生にもお話を伺いました。

――――ムエタイの経歴について教えてください。

(ノップ先生)初めてムエタイを始めたのは17歳の頃で、累計で言うと12年ほど続けています。 ムエタイは、17歳から3年ほど続けていたのですが、それから徴兵制で3年ほど軍隊に入ったためしばらくできなくなりました。

徴兵期間が終了してからもムエタイに復帰することなく、ただ帽子屋を営んで過ごしていたせいで、体重が89キロにまで増量してしまって(笑) もうムエタイをすることはないなと思っていたのですが、体重が増えた上に「食っちゃ寝る」の生活をしてると…流石にこのままだといけないなと。

ちゃんと運動をしようと思って、禅道会の心技道場に訪れたんです。 プラカノン道場に通って、MMA(総合格闘技)の練習などもしっかりしていたので体重は66キロまで減量できました。 それから心技道場でムエタイフィットネスのクラスを開講することになって、経験があるというのがきっかけでムエタイクラスのメイン指導をするようになりました。

――――日本人向け指導を始めてどれくらいになりますか。

(ノップ先生)メイン指導だと始めて3カ月ほどになります。本格的に教え始めるまでは、4カ月ほど心技道場で指導サポートをしていました。 それ以外の指導経歴としては、MMA指導を2年ほど経験しています。

――――試合経歴はありますか?

(ノップ先生)MAXムエタイというイベント試合に参加していたり、アマチュアのMMAの試合にも出場しています。 心技道場で89キロから66キロまで減量できたこともあって、また試合に出たいと思うようになったんです。それで、今でもまた試合に出るようになりました。

余談ですけど、ムエタイよりもMMAの試合の方が個人的に難しいなと思っています。 ムエタイって試合中に音楽が鳴っているじゃないですか。
僕らムエタイ選手は音楽のリズムに乗せて身体を動かすのが癖になっているんですが、MMAだと音楽がないじゃないですか。感覚が違うのでやりづらいですね…笑

――――だからムエタイクラスの間は音楽を流しているんですね。

(ノップ先生)そうなんです。

――――クラスで指導している間は、どんな事を考えながら指導していますか?

(ノップ先生)エンジョイすること。自分も、生徒さんも、楽しんでできるように考えながら指導しています。 ムエタイフィットネスクラスは本気のムエタイクラスではなく、気軽に楽しめるフィットネスクラスなので。初心者でも簡単にムエタイを楽しめるよう指導します。

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:27 バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:28

ノップ先生のレッスンの様子。

【上達者情報①】元ムエタイチャンピオンのクラスが受けられる!

また、心技道場のムエタイコーチの中には元ムエタイチャンピオンの人がいらっしゃるそうで、ムエタイが上達した人は希望すればその方のクラスを受けることができるんだとか!

本格的に、ムエタイリングを使用してムエタイの練習することも可能だそうです(無料)。

【上達者情報②】ムエタイフィットネスコーチ資格が取得できる?

そしてそして!
心技道場では今年中から、ムエタイ上達者向けに「ムエタイフィットネスのコーチ資格」が取得できる認定会が開催されるそうです!!

通い続けてコーチ資格が取れるなんで、俄然やる気が出ちゃいますよね。

日本人指導員も常駐!

今回はノップ先生にフォーカスしてご紹介しましたが、心技道場には日本人でも安心の日本人指導員も常駐しています。

タイ人先生も楽しい方ばかりなので、言葉が通じなくて不安ということはありませんが、いざという時に頼れる日本人コーチがいれば安心ですね。

まとめ

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:29

ムエタイと聞くと、割と「本気の格闘技」といった難しいイメージが強くてなかなか簡単に踏み込めないですよね。
今回取材に伺ってわかったことは、心技道場のムエタイフィットネスクラスは気軽に楽しくムエタイができるクラスだということ。 身体をめいいっぱい動かすことにフォーカスして、初心者でも楽しくムエタイができる環境になっています。

ムエタイの本場タイだからこそ習えるというのも、ムエタイを習う良さのひとつ。 「ムエタイって難しいんじゃない?」と躊躇している人には、トライアルなど是非1度試していただきたいクラスです。

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:30

そして心技道場のいいところは、大人クラスの場合、一ヶ月定額でヨガクラスを除くムエタイフィットネス、護身術、MMA(総合格闘技)、総合空手クラスなどのクラスが通い放題になるというところ。

しかも、プラカノン道場、トンロー道場、レインヒル道場など数ある心技道場の支部のどこにでも通う事が可能です!

自分の好きな時間と場所でレッスンが受けられる、ビュッフェ式のクラススケジュール。日頃忙しい方にもとてもおすすめです。

ムエタイフィット トンロー道場 レッスン時間
(MUAY THAI & CARDIO TRAINING)

火曜日 10:30-11:30 / 19:15-20:15
木曜日 10:30-11:30 / 14:00-15:00
金曜日 10:30-11:30 / 14:00-15:00 / 19:15-20:15
土曜日 15:30-16:30

ムエタイフィット レインヒル道場 レッスン時間
(MUAY THAI & CARDIO TRAINING)

火曜日 11:00-12:00 / 14:30-15:30 / 19:15-20:15
水曜日 10:30-11:30 / 19:15-20:15
木曜日 11:00-12:00 / 14:30-15:30
金曜日 10:30-11:30 / 19:15-20:15
土曜日 15:30-16:30 / 19:15-20:15
日曜日 15:30-16:30

心技道場9月の特別プロモーション

9月に新規入会の方限定は、追加で数カ月分の会費料が無料、月会費まとめ払いで2300THB相当の胴着が無料になるなどのプロモーションが適応されます!!

【女性】
■月会費2カ月分購入→2カ月分無料(計4カ月利用可能)
■月会費3カ月分購入→3カ月分無料(計6ヶ月利用可能) +ギフト券1,000THB or 空手胴着無料
■月会費6カ月分購入→6ヶ月分無料(計1年利用可能) +ギフト券2,000THB or 空手胴着無料 + ギフト券1,000THB

【男性】
■月会費3カ月分購入→1カ月分無料(計4カ月利用可能)
■月会費4カ月分購入→1カ月分無料(計5カ月利用可能) +ギフト券1,000THB or 空手胴着無料
■月会費6カ月分購入→3ヶ月分無料(計9ヶ月利用可能) +ギフト券2,000THB or 空手胴着無料 + ギフト券1,000THB

アムラタ特別プロモーション

「アムラタを見た」と言って入会すると入会金が半額に!

【プロモーション適応条件】
・入会時に「アムラタを見た」とお伝えください。

習い事を始めるとき、なにかと初期費用がかかってしまう…と悩む必要がなくなるお得なプロモーションです。尚、プロモーション期間は11月末までとなっております。
心技道場ムエタイフィットネスクラスでは、初心者の方でも楽しくしっかり身体を動かすことができます。

気になる人は、まずは無料で体験してみて、稽古の雰囲気を肌で感じるのがおすすめ! ご興味のある方は是非一度お問合せください。

お問合せはこちら!禅道会「心技道場」 トンロー道場

【所在地】Shingi Dojo B1 238, Homeplace Buldg, Thonglor soi 13 Sukhumvit 55 Wattana バンコク
【最寄り駅】BTSトンロー駅
【電話番号】087-829-3837(あきやま)
【メール】kenzo090905@gmail.com

【公式HP】http://shingi-gym.com
【Facebook】facebook.com/zendokai.shingidojotonglo/
(クラススケジュールは上記Facebookページにて随時更新中)

心技道場トンロー道場への行き方

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:31

バンコクのトンロー道場があるのは、トンローの大通りソイ55と、小道のソイ13に面しているビル「HomePlace」の中。
タクシーに「トンローパックソイ13(トンローソイ13の入口)」と伝えるとわかってもらいやすいです。

バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:32 バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:33 バンコク「心技道場」のムエタイフィットネスクラス:34

入口中央の階段を下りて地下1階にあります。