バンコク最古の寺院 – ワット・ポー(Wat Pho)

マッサージの総本山としても有名な王宮寺院

ワットポーはアユタヤ王朝時代末期(1688~1703年)に建てられたと言われる、バンコク最古の寺院。
正式名称はワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラームといい、バンコク三大寺院の一つとしても知られています。

非常に歴史のあるこのお寺は大きな涅槃像(大寝釈迦仏)があることでも有名で、古くは医療関連の資料を集めていた関係でタイ最古の古典医療拠点としても発展したそうです。
現在もタイ古式マッサージの総本山となっているのはその名残なのかもしれません。

光り輝く黄金の涅槃像は圧巻

amurataバンコク:ワットポー

ワット・ポーといえば、全長46メートル、高さ16メートルにも及ぶ黄金の巨大涅槃像。
この巨大な涅槃像は、宗教に熱心だったラーマ3世の命により制作されました。

目と足の上の混合模様には、貝殻(真珠貝の裏側)が使用されており独特な輝きを放っています。
足の裏に描かれている独特な模様ですが、インドと中国とタイの様式が混ざったもので、宇宙の真理が描かれているそうです。

涅槃像の後ろには、「煩悩を捨てる」108の鉢

涅槃像の表面と足の裏を見た後には、ずらりと並んだ108の鉢とご対面。の108の鉢には、あらかじめ用意されているサタン硬貨(1バーツ以下の銭)を一つずつ投入していきます。
サタンは、20バーツ程度で購入可能。アルミの皿に入った状態で、鉢の付近にて販売されています。

この108の鉢に銭を投入すると、ひとつずつ煩悩が捨てていけると信じられており、このためにやってくるタイ人も少なくありません。
涅槃像の建物に入って「カランカラン」という音が響いていれば、それは先に入った人が鉢に銭を入れている音です。

本堂にはラーマ1世の御骨が安置されている

amurataバンコク:ワットポー

涅槃像とはまた別の場所にある本堂には、トンブリー県から移設されたブロンズ製の本尊、計394体の仏像が納められています。
一番大きな仏像の台座には、バンコク王朝創始者のラーマ1世の御骨が納められています。

本堂は外回廊と内回廊の2つに囲まれており、外回廊には244体、内回廊には150体の仏像が納められています。

ワット・ポーに歴代の王が眠っていると思うと、実際に訪問した際の楽しみ方もまた一味変わるのではないでしょうか?2>参拝時は服装に注意しよう amurataバンコク:ワットポー

タイのお寺である上、第一級王宮寺院であるためノースリーブ・足の出ている恰好での仏像見学は認められていません。
また涅槃像のある建物に入る際は、専用の袋に靴を入れ、裸足であがります。

仏像がある建物に入る前に、職員の人によって服装チェックが行われ、NGサインが出たら見られなくなる…というわけではないのでご安心を。
その場で身体全体を覆い隠す簡易ローブのようなものを貸し出してくれます。し、蛍光グリーン色のローブなので、黄緑色の服を着た写真を残すことになってしまいます。
簡易ローブを着用したくないという人は、敷地外の露店で足全体を覆い隠してくれる巻きスカートや、タイパンツが売られているのでそこで自分好みのものを買って着用するといいでしょう。

この施設の基本情報

施設名 ワット・ポー
(正式名称:ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム)
ジャンル 寺院
入場料 外国人100バーツ / タイ人無料
住所 329/25-28 Maharaj Rd., Prabarommaharajchawang
Pranakorn Bangkok 10210
電話番号 0-2226-0369
営業時間 8時00分-17時00分(最終入場時間)
定休日 国家行事の際には入場不可になる場合あり
地図